シロアリ対策の流れ

はやき風のエコなシロアリ対策

■まずはお試し診断

イメージ

私たちの診断は、お医者さんのように、その家の状況を目視や打診を中心に確認します。玄関のような目視で確認できない部分は“非破壊しろあり探知機”を使用して隅々まできめ細かく確認し、状況を図面や撮った写真などみながら説明し、どのように処置をしたらいいのか、お客さまにあった処置方法を一緒になって考えていきます。

■「自然」と「暮らし」を守るためのアドバイス

私たちのアドバイスは「シロアリの本質に基づいていること」「お客さまの家を守ること」「自然環境を守ること(シロアリもなるべく守りたい)」です。ですから、はやき風の診断は、自然の元気さとお客さまの暮らしを守るためのアドバイスなのです。

一般的なシロアリ工事業者さんは、見える部分だけを点検をして、施工に結びつけるための会社本位、人本位な診断をします。

アドバイスをするための診断、施工に結び付けるための診断。
目的が全く違いますよね。

■ポイントを押さえた安心処置

シロアリから家を守るために床下全体へ薬剤散布するといった安易な常識から目を覚ましましょう。例えば、歯を治すのに全身麻酔をかけますか?治す歯のまわりだけ麻酔をすればいいことじゃないですか。無駄に全体を薬剤で処理するというのは、色んなところに歪がでます。ポイントを理解し、ポイントを押さえることが重要であり、あとは定期診断をすることによって維持管理できます。

生物を大切にするはやき風の診断

イメージ

お客さまの暮らしを守り、そして地域の自然や風土を守るためにも”自然の元気さ”を再生することが大切です。薬剤をなるべく使わず、生物を大切にするはやき風の診断をまずはお試しください。

【ポイントを押さえた安心処置】

床下及び建物外周の診断を行います。シロアリの侵入、生息状況、建物の構造を調査します。建築図面をご用意いただけますとより精緻な診断が行えます。

【目に見えない危険箇所も徹底調査】

診断は目視や打診が中心となりますが、玄関のような外気に触れず侵入できるような危険箇所については非破壊検査機器を使用します。

【安心の写真確認】

床下の状況は、お客さまにご確認できない部分ですので、写真を撮って確認・検査を行います。

■くわしく、やさしく説明。お客さまと一緒になって考える。

診断による結果を、写真や図面などをみていただきながら、くわしく、やさしく説明します。
状況に応じたポイント重視の処置方法、お客さまにあった処置方法、私たちがおすすめする処置方法などを説明し、お客さまと一緒になって考えていきます。維持管理をしていくための予防法などについてもアドバイスします。方法は一つということはありませんので、いくつかの方法をご説明します。

■診断書及び提案書の提出

後日、診断書及び提案書を送付させていただきます。
不安なことや、こんなこと聞いちゃってもいいのかな、なんてこともお気軽にご相談ください。お客さまがご納得いただけるまで、どんなことでもご相談にのります。

■お客さまの合意

私たちは”自然のお医者さん”として、わかりやすく十分な説明をし、不安を解消した上で合意をいただきます。そしてお客さまが選んでいただいた方法で私たちが処置を承ります。お客さまにしっかりとご納得いただき、心からまかせていただければ、必ずご納得いただける処置をさせていただきます。

■ご契約

私たちは、お客さまからのご依頼を、責任をもってお受けするために、契約書を締結させていただきます。

■処置

イメージ

お客さまがお選びいただいた処置方法で実施します。処置方法は、物理的な処置が基本です。
物理的処置とは、シロアリが侵入してきそうな場所を、ガラス、繊維、メッシュ、シールなどで塞ぐ方法です。但し、物理的な方法だけでは処置できない場所は、化学的(薬剤)方法も採用します。侵入してきたシロアリを薬剤に触れさせて死に至らせることで予防するのではなく、侵入させないことがもっとも大切なことです。

■建物にあった最善処置

対策方法の基本は物理的処置です。但し、物理的方法のみで処置するのではなく、その建物にあった、最善の方法を駆使して処置します。

■薬剤処置でも安心

シロアリの被害がある場合や、玄関などの基礎構造物の中から侵入できる場合などは、薬剤による化学的処置にておこないます。
薬剤の使い方は、適所に適量です。大量散布や飛び散るような散布はしません。

■定期診断

初回診断及び処置をしていただければ1年保証いたします。その後は定期診断(初回診断と同様の診断(有料))だけで毎年1年保証をします。5年続ければ、5年保証と同じことになりますよね。

■建物定期診断のメリット

私たちは、この定期診断が最も大切であると考えています。年1回定期診断をすることにより、家の状況が毎年確認でき、なにかあっても早期発見できるからお客さまも安心でき、大きな処置をとらなくて済み、コストは抑えられ、シロアリをなるべく駆除しなくすむので、共生、共豊を実現できます。

こんなにもいいこと尽くしなのです!
今までのやり方はなんだったのでしょう?と思われるかもしれません。

※薬剤を使用した箇所については5年目で再処置が必要になります。
※メーカーでは、薬剤の効力は5年といっておりますのでご了承ください。
※物理的に処置した箇所は、メンテナンスをしていけば長持ちします。
※5年の損害賠償保険付き工法もございます。

 

エコシロアリ対策 ~ あなたならどちらを選ぶ?

イメージ   イメージ

Comments are closed.

お問い合わせ・無料診断のご相談、資料請求はこちら

▲このページの一番上へ

生物多様性とは

アクセスマップ

はじめに知ってほしいこと

環境緑化ビオトープ事業