生物多様性とは

未来の子供たち、地球のために。私たちが守るべきことを考える

地球のため、未来の子供たちのために

イメージ

生物多様性とは、
すべての生物には役割があり、それによって生態系を保っている」ということです。

近代化にともなう開発などによる自然破壊が、生物の本来あるべき居場所を奪ってきました。私たちは、生物多様性により、病気を治したり、食を与えてくれたり、原料を与えてくれたりと多くの恩恵をうけています。それなのに、生物多様性を軽視してきてしまいました。

日本では国内法として、生物多様性基本法が2008年5月20日に可決されました。世界的にも、生物多様性条約ができ、日本も加盟しています。このように一般にはあまり知られていないことですが、少しずつ生物多様性の重要性が見直されてきています。

未来の子供たちのためにも、地球のためにも、私たち企業が生物多様性を守っていかなければなりません。

Comments are closed.

お問い合わせ・無料診断のご相談、資料請求はこちら

▲このページの一番上へ

生物多様性とは

アクセスマップ

はじめに知ってほしいこと

環境緑化ビオトープ事業